NOBTAの気ままにITブログ

Azure全般 / SQL Serverに関する情報を発信していきます。


スポンサーリンク

Tips

Part.13 : Getting Started with SQL Server for Beginners (Memory Management)

In Part 12, I summarized how to use the consistency check command (DBCC CHECKDB) to repair a database that has encountered inconsistencies. In this article, I will try to summarize the contents related to memory management of SQL Server. A…

【第13回】基本から始める SQL Server【メモリ管理】

第12回では 整合性チェック コマンド (DBCC CHECKDB) を使用し、不整合の発生したデータベースを修復する方法についてまとめてみました。 今回は、SQL Serverのメモリ管理に関する内容をまとめてみようと思います。 SQL Server メモリ管理について max serve…

Part.12 : Getting Started with SQL Server for Beginners (How to resolve consistency errors No.2)

In Part.11, I summarized what to do when 'DBCC CHECKDB' command detects some errors. In this article, I would like to summarize how to run the 'DBCC CHECKDB' with REPAIR option to resolve database inconsistencies. How to resolve database i…

【第12回】基本から始める SQL Server【整合性チェック 不整合検知後の対処方法2】

第11回では 整合性チェック コマンドで不正が検知された場合の対処方法についてまとめてみました。 今回は、実際に整合性チェック コマンドを実行し、データベースの不整合を解消する方法についてまとめてみようと思います。 整合性チェック コマンドによる…

【保存版】Windows Virtual Desktop (WVD) 構築手順 (検証環境)

リモート ワークの広がりに伴い、仮想デスクトップの導入を検討されている方も多いのではないかと思います。 Azure、AWS、Google Cloud、OCI の各種クラウドサービスにおいても、VMware サービス (VMware Horizon Cloud on Microsoft Azure, VMware Cloud on…

Azure AD Connect 設定手順 (Active Directory (オンプレミス) - Azure AD 間の同期)

オンプレミス環境上の Active Directory アカウントと同じアカウントを使用して、パブリック クラウド (SaaS, PaaS) にアクセス (シングルサインオン : SSO 含む) させたいと思うことがあるかと思います。 今回は、Azure AD Connect を使用し、オンプレミス …

【Tips】Oracle Provider for OLEDB リンクサーバー経由でクエリを実行する場合のベストプラクティス 【保存版】

SQL Server から Oracle などの SQL Server 以外のデータベースに対してリンクサーバー経由でクエリを実行する場合、最適なクエリの実行プランが生成できず、リンクサーバー先のテーブルから全件データを SQL Server 側で受信後、SQL Server 側でフィルター…

メンテナンスプランを使用し、SQL Server AlwaysOn 可用性グループに所属している可用性データベースのバックアップを直接 Azure Blob Storage へ作成する方法について [Azure/SQL Server]

Azure 仮想マシンに SQL Server をインストールした場合など、データベースのバックアップファイルを一元的に管理するために、SQL Server データベースのバックアップを直接 Azure Blob Storage へ作成し、何か問題が発生した際に直接 Azure Blob Storage に…

Azure Traffic Manager に紐づけたカスタムドメインで構成したAzure App Service (WebApps)にSSL接続 (https) でアクセスする方法について [Azure]

Traffic Manager に Azure 東日本、西日本にデプロイしたカスタムドメインで構成した Azure App Service (WebApps) を紐づけて、地理的なトラフィック ルーティングを構成したり、災対構成として冗長構成にすることを検討することがあるかと思います。 Traff…

カスタムドメインで構成した Azure App Service (WebApps) に証明書を割り当てて、SSL接続 (https) でアクセスする方法について [Azure]

Azure App Service (Web Apps) をデプロイした場合、 既定で 「azurewebsites.net」というドメイン名となり、既定のSSL証明書 (ワイルドカード) により、SSL接続 (https) でアクセスすることが可能となります。 しかしながら、Azure App Service (Web Apps) …

カスタム ドメイン名で Azure App Service (Web Apps) を構成する方法について [Azure]

Azure App Service (Web Apps) をデプロイした場合、既定で 「azurewebsites.net」というドメイン名となり、接続URLは「h t t p s://xxxxx.azurewebsites.net」となります。 しかしながら、外部公開する Web アプリケーションの場合など、独自のドメイン名で…

Azure と OCI (Oracle Cloud Infrastructure) 間の相互接続によるユースケースについて (東京リージョン) [Azure]

2020年4月末、 Azure 東日本 - OCI 東京 (東日本) 間の相互接続が可能になりました。 相互接続というのは、Azure 東日本 ExpressRoute(専用線) と OCI 東京 FastConnect(専用線) にて、互いのデータセンター間を専用線で結ぶことが可能となり、例えば、Azure …

ゾーン冗長を考慮した SQL Server 可用性グループ + 可用性リスナー(内部)の構築 [Azure/WSFC/SQL Server]

Azure 仮想マシン上に WSFC (Windows Server Failover Clustering) を構築し、SQL Server 可用性グループ + 可用性リスナーを構築する必要があったため、ゾーン冗長を考慮したSQL Server 可用性グループ + 可用性リスナー(内部)の構築方法についてまとめてみ…

トランザクションログ肥大化の対処方法 (log_reuse_wait_desc : LOG_BACKUP) [SQL Server]

トランザクションログファイル (.ldf) 肥大化の要因が、「log_reuse_wait_desc : LOG_BACKUP」の場合の対処方法について紹介していきたいと思います。 本ブログ内容は、SQL Server 2019 をベースにしていますが、SQL Server 2019 以前のバージョンでも同様の…

[設計シリーズ] 01.ログ分析の目的について [Azure]

ログ分析を実施する目的として、以下のような事項があるのではないかと思います。 企業で定めたセキュリティポリシーへの準拠確認、および、外部監査の評価基準を満たしているかの確認 各種トラブル発生時のトラブルシューティング リソースの利用量(CPU, メ…

サーバートレースの採取方法について [SQL Server]

SQL Server 2016 以降、クエリ ストア機能により、クエリの実行プランが変わったことに起因したクエリ パフォーマンスの違いがとても簡単に特定することができるようになり、また、SQL Server 2019 以降では、高速順方向カーソル、Transact-SQL および APIの…

条件付きアクセス設定後、Azure ポータルにアクセスができなくなった場合の対処方法 [Azure]

Azure Active Directory (AAD) の条件付きアクセスを使用することで、特定のIPアドレス範囲(グローバルIPアドレス) からのみ、Azure ポータルにアクセスさせることが可能となります。 条件付きアクセスの詳細については、以下を参照。 Azure Bastion (インタ…

Azure Traffic Managerを使用したAzure App Serviceアプリケーションのトラフィック制御について [Azure]

Azure Traffic Managerを使用することで、クライアントからの要求を 「優先順位」,「重み付け」,「パフォーマンス」などを加味して、トラフィックの振り先を制御することが可能です。 また、トラフィックの振り先 (エンドポイント) には、「App Server」, 「…

Azure Cognitive Search を使用した画像検索について [Azure]

Azure Cognitive Search は、簡単に言えば、アプリケーションから REST API や .NET SDK を使用して、簡単に全文検索機能を実現させることができるマネージドのサービスでしょうか。 SQL Server にもフルテキスト機能を使用して全文検索を実施することが可能…

Azure アプリケーション セキュリティ グループ (ASG) について [Azure]

Azure ネットワーク セキュリティ グループ (NSG) の拡張機能として、アプリケーション セキュリティ グループ (ASG)という機能があります。 今回は、アプリケーション セキュリティ グループ (ASG) について確認した結果を紹介したいと思います。 アプリケ…

Azure ネットワーク セキュリティ グループ (NSG) の規則の適用ルール(優先度)について [Azure]

Azure ネットワーク セキュリティ グループ (NSG) は、サブネット単位、ネットワーク インターフェース単位で設定が可能ですが、今回、受信セキュリティ規則、送信セキュリティ規則の適用ルールについて確認した結果を紹介したいと思います。 今回、以下の3…

Azure ネットワーク セキュリティ グループ (NSG) の設定について(ベストプラクティス) [Azure]

Azure ネットワーク セキュリティ グループ (NSG) は、サブネット単位、ネットワーク インターフェース単位で設定が可能です。 ※ AWSの場合、サブネット単位は ネットワーク ACL (ブラック リスト型)、ネットワーク インターフェース単位 (厳密には、EC2 イ…

トランザクションログ肥大化の対処方法 (log_reuse_wait_desc : ACTIVE_TRANSACTION) [SQL Server]

トランザクションログファイル (.ldf) 肥大化の要因が、「log_reuse_wait_desc : ACTIVE_TRANSACTION」の場合の対処方法について紹介していきたいと思います。 本ブログ内容は、SQL Server 2019 をベースにしていますが、SQL Server 2019 以前のバージョンで…

Azure 仮想マシンでWindows Server 2019の日本語化/イメージ化 [Azure]

Azure 仮想マシンに Windows Server 2019 をデプロイ後、日本語化 + イメージとして登録する必要があったので、手順をまとめてみました。 Azure上で用意されているイメージで Windows Server をデプロイした場合、必ず言語が英語になります。そのため、日本…

Azure仮想マシンに SQL Server AlwaysOn可用性グループを構築する場合に設定すべきこと (ベストプラクティス) [Azure/SQL Server/WSFC]

Azure上にシステム構成をデザインする場合、可能な限り、データベースもマネージドのサービス (Azure SQL Database / SQL Managed Instance / Azure Database for PostgreSQL / Azure Cosmos DB など) を使いたいですよね。 しかしながら、要件によっては、A…

トランザクションログを肥大化させているクエリの特定方法 [SQL Server]

トランザクションログファイル(.ldf)が意図せず肥大化するという現象が発生した場合、今後の対策を検討するため、どの処理(クエリ)が実行されたことに起因して、該当のトランザクションログファイル(.ldf)が肥大化したのかを特定したいと考える人が多…

トランザクションログ (LDFファイル) 肥大化の原因確認方法 [SQL Server]

SQL Server を使用していると、トランザクションログファイル (.ldf) が肥大化し、ディスクの空き容量を圧迫するという現象を経験するかと思います。 今回は、トランザクションログファイル (.ldf) が肥大化している原因を特定する方法について紹介していき…