NOBTAの気ままにITブログ

Azure全般 / SQL Serverに関する情報を発信していきます。


スポンサーリンク

Azure Active Directory カスタムドメイン設定手順について


スポンサーリンク

新規 Azure Active Directory (以下 Azure AD) のテナントには、"<ドメイン名>.onmicrosoft.com" という初期ドメイン名が付与されます。

初期ドメイン名を削除することはできないのですが、任意のドメイン名でユーザーを管理したい場合、オンプレミス上の Active Directory と Azure AD 間を Active Directory Connect (以下 Azure AD Connect) を使用して簡易に同期したい場合 (同期するドメイン名をオンプレミス上の Active Directory と Azure AD とで一致させる。) など、任意のドメイン名 (例えば "testdomain.com" ) に変更することができます。

また、Azure と Microsoft 365 で使用する Azure AD テナントを統合することも可能であるため、カスタム ドメインを設定することで、Exchenge Online のメールアドレスを "<ユーザー名>@<ドメイン名>.onmicrosoft.com" から 任意のドメイン名("<ユーザー名>@testdomain.com" など) に変更することが可能になります。

今回は、 Azure ポータル -「App Service ドメイン」からドメインを購入後、Azure AD にカスタムドメインを設定する方法について、自分の整理も兼ねて、まとめてみようと思います。

 

 

カスタム ドメインの購入 (App Service ドメイン)

App Service ドメイン」からドメインを購入することで、Azure DNS ゾーンの作成、ドメインの委任作業が自動的に行われます。

以下に、「App Service ドメイン」からドメインを購入する手順を記載します。

 

1) Azure ポータルに接続し、「App Service ドメイン」を選択します。

f:id:nobtak:20200517003402p:plain

 

2) 「+追加」を選択します。

f:id:nobtak:20200517003548p:plain

 

3) 「ドメインの検索」に取得したいドメイン名を入力後、選択可能なドメイン名を選択し、必要事項を入力後、「作成」を選択します。

f:id:nobtak:20200517003943p:plain

※ ドメイン取得後、自動的に DNS ゾーンが作成され、 Azure DNS でドメインの委任作業が自動的に完了します。

 

f:id:nobtak:20200517014301p:plain

[補足]

App Service ドメイン」以外からドメインを購入した場合、もしくは、既存のドメインを Azure で使用するためには、ドメインの委任作業を実施する必要があります。

 

Azure AD カスタムドメインの設定手順

1)  Azure ポータルに接続し、「Azure Active Directory」を選択します。

f:id:nobtak:20210102052305p:plain

 

2)  管理 -「カスタム ドメイン名」を選択後、「+ カスタム ドメインの追加」を選択します。

f:id:nobtak:20210102044514p:plain


3)  「カスタム ドメイン名」を入力後、「ドメインの追加」を選択します。 

f:id:nobtak:20210102044748p:plain

 

4)  「レコードの種類」:「TXT」、「宛先または参照先のアドレス」欄の値を控え、一旦 画面を閉じます。

f:id:nobtak:20210102045714p:plain

 

5)  「DNS ゾーン」を選択します。

f:id:nobtak:20210102052717p:plain

 

6)  該当の DNS ゾーン を選択します。

f:id:nobtak:20210102050206p:plain

 

7)  「+ レコード セット」を選択します。

f:id:nobtak:20210102050410p:plain

 

 

8)  4) で確認した値を入力後、「OK」を選択します。

f:id:nobtak:20210102050812p:plain

 

9) 再度、「Azure Active Directory」- 管理 -「カスタム ドメイン名」を選択し、「状態」:「未確認」となっているドメイン名を選択します。

f:id:nobtak:20210102051224p:plain

 

10) 「確認」を選択します。

f:id:nobtak:20210102051421p:plain

 

11) 「プライマリにする」を選択し、追加したカスタム ドメインをプライマリに変更します。 

f:id:nobtak:20210102051905p:plain

まとめ

今回は、 「App Service ドメイン」から購入したドメインを Azure AD にカスタムドメインとして設定する手順についてまとめてみました。

ドメインは、「お名前.com」、「Freenom」などから 安価/無料 で購入 (.tk, .ml など) できるものが存在するため、検証目的でドメインを取得する必要がある場合は、ドメインの委任作業が少し面倒ですが、 別途 ドメインを取得してみても良いかと思います。

※「App Service ドメイン」からは "co.jp" などのドメインを購入できないため、「App Service ドメイン」で購入できないドメインを購入する必要がある場合は、別の方法でドメインを取得する必要があります。

 

※ 今回の手順は、【保存版】Windows Virtual Desktop (WVD) 構築手順 (検証環境) に含まれています。

1. Windows Virtual Desktop (WVD) のメリット
2. Windows Virtual Desktop (WVD) 構築
 ・事前準備
  ・Azure 無償/有償 サブスクリプション
  ・Microsoft 365 無償/有償 サブスクリプション
  ・Azure Active Directory カスタムドメイン設定
 ・構築
  ・Azure AD Connect 同期設定
  ・Azure AD Domain Services 構築
  ・Windows Virtual Desktop (WVD) 用イメージの作成手順
  ・Windows Virtual Desktop (WVD) ホストプール作成手順
  ・デスク トップ アプリケーション グループへ接続ユーザーの登録
  ・Windows Virtual Desktop (WVD) 接続手順
3. まとめ

 

 


スポンサーリンク