NOBTAの気ままにITブログ

Azure全般 / SQL Serverに関する情報を発信していきます。


スポンサーリンク

Microsoft 365 Business Premium 試用版ライセンスの発行方法について


スポンサーリンク

Microsoft 365 Business Premium (試用版) を使用することで、1ヵ月間 無償で Microsoft 365 Business Premium のアプリ/サービスを使用することできます。

また、本ライセンスを Windows Virtual Desktop (WVD) に使用することもできます。

 

Microsoft 365 Business Premium で利用可能なアプリ/サービス

f:id:nobtak:20210102000850p:plain


今回は、Microsoft 365 Business Premium 試用版ライセンスの発行方法について、自分の整理も兼ねて、まとめてみようと思います。

 

 

Microsoft 365 Business Premium 試用版ライセンスの発行方法 

1) 以下の URL にアクセスします。

 

 

2) 「1か月間無料で試す」 を選択します。

f:id:nobtak:20210102002503p:plain

3) 必要項目を入力し、アカウントのセットアップを進めます。

f:id:nobtak:20210102003124p:plain

4) 「認証コード」を取得後、認証コードを入力し、「無料試用版の開始」を選択します。

f:id:nobtak:20210102004226p:plain

5) 「無料トライアル」を選択します。

f:id:nobtak:20210102004420p:plain

6) 「続行」を選択します。

f:id:nobtak:20210102014608p:plain

7) 「https://portal.office.com」にアクセスし、セットアップ時に指定したマイクロソフト アカウントでログインします。

 

8) 「管理」を選択し、「Microsoft 365 管理センター」へ移動します。

f:id:nobtak:20210102022616p:plain

 

9) 「ユーザー」- 「アクティブなユーザー」を選択します。

f:id:nobtak:20210102015946p:plain

10) ライセンスを付与したいユーザーを選択します。

f:id:nobtak:20210102020436p:plain

11) 「ライセンスとアプリ」を選択します。

f:id:nobtak:20210102020559p:plain

12) 「場所の選択」:「日本」、ライセンス:「Microsoft 365 Business Premium」にチェックし、「変更の保存」を選択します。

f:id:nobtak:20210102020820p:plain


[補足]

Microsoft 365 Business Premium で使用可能なアプリの種類を制限したい場合は、使用させたくないアプリのチェックを外します。

 

f:id:nobtak:20210102021235p:plain


13) 「ライセンス」:「Microsoft 365 Business Premium」が該当のユーザーに反映されたことを確認します。

f:id:nobtak:20210102021524p:plain

※ ライセンスが付与されたユーザーのみ、「Microsoft 365 Business Premium」の機能(Azure Active Directory P1 ライセンス機能、WVD、アプリなど) が利用可能になります。
 

まとめ

今回は、Microsoft 365 Business Premium 試用版ライセンスの発行方法についてまとめてみました。 本ライセンスを Windows Virtual Desktop (WVD) で使用することもできるため、Windows Virtual Desktop (WVD) を検証したい場合などに使用すると良いのではないかと思います。

 

※ 今回の手順は、【保存版】Windows Virtual Desktop (WVD) 構築手順 (検証環境) に含まれています。

1. Windows Virtual Desktop (WVD) のメリット
2. Windows Virtual Desktop (WVD) 構築
 ・事前準備
  ・Azure 無償/有償 サブスクリプション
  ・Microsoft 365 無償/有償 サブスクリプション
  ・Azure Active Directory カスタムドメイン設定
 ・構築
  ・Azure AD Connect 同期設定
  ・Azure AD Domain Services 構築
  ・Windows Virtual Desktop (WVD) 用イメージの作成手順
  ・Windows Virtual Desktop (WVD) ホストプール作成手順
  ・デスク トップ アプリケーション グループへ接続ユーザーの登録
  ・Windows Virtual Desktop (WVD) 接続手順
3. まとめ