NOBTAの気ままにITブログ

Azure全般 / SQL Serverに関する情報を発信していきます。


スポンサーリンク

Citrix Cloud with WVD のユースケースについて [Azure/Citrix]


スポンサーリンク

Windows Virtual Destop (WVD) について確認する機会があり、その中で「Citrix Cloud with WVD」について興味を持ったので、調べた内容を自分の整理もかねてまとめてみようと思います。 

1) Windows Virtual Destop (WVD) について

Windows Virtual Desktop (WVD) とは、マイクロソフトが提供している仮想デスクトップ (VDI : Virtual Desktop Infrastructure) サービスであり、本サービスをクラウドで提供しているため、DaaS (Desktop as a Service) の一つとなります。

Amazon WorkSpaces などの類似のサービスがありますが、WVDを使用するメリットは、以下のような感じでしょうか。

 

【メリット】

  •  Windows 10 Enterprise マルチセッション 機能
  •  Windows 7 ESU(Extended Security Updates:拡張セキュリティ更新プログラム)の無償提供
  •  Microsoft 365 E3/E5、Windows 10 Enterprise E3/E5 などのライセンスを保持している場合、すぐにWVDを使用可能
  •  WVD上で動作する仮想マシンとO365は マイクロソフトのバックボーンネットワークで通信が行われるため、高速にアクセスが可能

 

特に、Windows 10 Enterprise マルチセッション 機能は、WVDの最大のメリットなのではないかと思います。

Windows 10 Enterprise マルチセッション 機能の場合、1 仮想マシンを複数ユーザーで共有することが可能となるため、例えば、5 ユーザーで1 仮想マシンを共有することで、稼働させる仮想マシンを1台のみにできる分、正しくサイジングができれば、課金を抑えることが可能になりそうです。

WVDの詳細、使用するために必要なライセンスについては、以下を参照。

2) Citrix Cloud with WVD について

Citrix Cloud with WVD は、WVD ワークロードを制御する「WVD コントロール プレーン」機能を保有し、更に WVD ヘの付加価値を追加したサービスのようです。

Windows Virtual Desktop (WVD) のみでも十分、使用する価値があると思いましたが、Citrix Cloud with WVD を使用することで、 以下のような機能が使用可能になるようです。

 

【メリット】

  • Auto Scale 機能による適正仮想マシン起動数制御 (VMコスト軽減)
  • HDX(high definition experience)テクノロジーによる画面転送パフォーマンスの最適化 (アウトバウンドトラフィックの軽減)
  • 完全な閉域接続の実現
  • ロケーションに応じた最適な接続
  • マスターイメージの更新機能

 

WVDのみを使用する場合においても、オンプレミス - 仮想マシン間については、ExpressRoute (専用線) で結ぶことで閉域構成が可能となりますが、WVD ワークロードを制御する「WVD コントロール プレーン」への通信において、外部アクセス (インターネット) する必要があるもようです。

しかしながら、Citrix Cloud with WVD の場合、Azure 上に Citrix StoreFront を構成し、ExpressRoute (専用線) を組み合わせて使用することで、完全閉域接続が可能になるとのことです。

また、VDIの台数が増えるほど、ネットワーク トラフィックの帯域が増え、画面転送のパフォーマンスが低下するなどの問題が発生しがちですが、HDX(high definition experience)テクノロジーにより、アウトバウンドトラフィックを軽減することが可能であり、パフォーマンス問題を解決できる可能性があるもようです。(条件によりトラフィックの軽減量は変わるとのことですが、1/4 程度の削減が期待できるもようです。)

  

3) Citrix Cloud with WVD のユースケースについて

Citrix Cloud with WVD のメリットを考慮すると、以下のようなユースケースがあるものと考えています。

 

【ユース ケース】

  • VDIの要件として、完全な閉域接続を実現する必要がある場合
  • オンプレミス上の Virtual Apps and Desktops (XenApp/Xen Desktop) をそのままクラウドへ移行したい場合
  • VDIの台数が増え、アウトバンドトラフィックを軽減し、画面転送パフォーマンスを向上させたい場合
  • Auto Scale 機能によって最適な仮想マシンのみを起動し、仮想マシンコストを削減したい場合

 

Citrix Cloud with WVD を使用するコストが追加で発生することになりますが、WVD ヘの付加価値の機能により削減できたAzure利用料分で賄うことでトータルのコストに大きな差異が発生しない状態になるのであれば、付加価値の機能を使用できる Citrix Cloud with WVD を選択したいと思いました。

 

出典元 :  資料のダウンロードが必要


スポンサーリンク